シニョンヘア(お団子)の髪は長く長く

blog
スポンサーリンク
SNSフォローボタン
hairsalon enのフォローはこちらから!

小学生の可愛い女の子が来てくれました😊

今回のオーダーは「高い位置でまとめられるように」です。「結ぶだけでいいですか?シニョンとかにします?」と伺ったところ「あ、シニョンで!」と。

、、、聞いてよかったー!(笑)「シニョン」と言うのは、ただ結ぶだけじゃなく、いわゆるお団子ヘアのようにきっちりとまとめること。

こちらの女の子はもともとフィギュアスケートをやっているのですが(かっこいいですよね!)、それに加えて少し前からバレエも始めたんだそうです(えー!コレまたかっこいいよ!)✨

お母様のお話では、「スケートの練習を見ていて体幹が弱いと感じることがあって」と。それでバレエを勧めてみたんだそうです。フィギュアスケートとバレエってなんとなく関係が深そうだなぁと感じていたのですが、やはりこのふたつを習っているコは実際多いんだそうですよ☝️

高い位置でシニョンにするには、結構な長さが必要です。必要というか、長さがあった方が便利

シニョンの簡単な作り方は

  • まず、シニョンを作る位置で髪をひとつに結ぶ
  • 結んだ髪で三つ編みを編んでいき、毛先を結んで三つ編みが解けないようにする
  • その三つ編みをクルクルクルッとまとめてヘアピン数本を周りから挿して固定させる

こんな感じです😀 3番目のが1番難しいクセに1番抽象的で申し訳ないです(笑)難しいと感じるかもしれませんが、なんでも「慣れ」です💪!!

シニョン作りをまだやったことがないというお母様に、実際にヘアゴムを使ってこんな感じでまとめると良いですよー👋をお伝えした後で、今回のカット方法を決めていきました。

髪の長さはほとんど変えずに、毛量の調整をしてシニョンを作りやすい状態に整えました^^ 毛量の調整といっても梳きバサミの入れ方や梳きかたを間違うと逆に大変なことになるので注意が必要です☝️

しかしめちゃくちゃスタイル良かったなぁ、、、あ、今コレ言うとハラスメントになりますか?(笑)「私もそう思ってたんですけど、運動会とかで同級生と並ぶと普通なんですよー!」とお母様。私と二人で女の子に向かって「うらやましぃぃぃ〜〜〜〜」と心の叫び😈

スケジュール大変だろうけど楽しんでねー!あ、肉離れには気をつけて!

タイトルとURLをコピーしました