結ぶタイプからパチンのウィッグへ

blog
スポンサーリンク
SNSフォローボタン
hairsalon enのフォローはこちらから!

「ウィッグの持ち込みカット」が2件ありました^^どちらも初めてご来店いただいた方で、ヘアピース(部分ウィッグ)のカットです。しかも経歴もちょっと似ていて、

  • Aさんは結ぶタイプの増毛から今回のウィッグに切り替え
  • Bさんは某ブランドの自毛に結ぶタイプのウィッグから今回の着脱式に切り替え

どちらも「自毛に負担がかかる」「メンテナンスの大変さ」をおっしゃっていました。

ウィッグにしろ増毛にしろ、メリットとデメリットは必ずあります。これをきちんと説明してくれないサロンまたは担当スタッフは信用しない方がベターです(笑)

まず自毛の根本に結ぶタイプの増毛ですが、現在もテレビコマーシャルなどでよく見かけるのでご存じの方も多いと思います。髪の毛の根本に2本〜6本ほどの人工毛髪を結び付けます。付け外しの手間も無く、スポーツや温泉なども楽しめます。デメリットは髪の成長に合わせて結び目の上がってくること(現在は結び目を下にずらす技術もありますが、そのたびにサロンに通わなければいけません)。触ると「プチプチ感」がすること、など。

自毛に結ぶタイプのウィッグは、しっかり固定されるためウィッグがずれる心配がなく、毎回自分で着脱する手間が省けます。デメリットは常に髪の毛が引っ張られる状態なので頭皮が緊張しっぱなしです。さらに自分で外すことができないため、しっかり頭を洗うことができません。月に1回サロンで外して自毛のカットとシャンプーをして、また自毛に結んでお帰りです。私のこれまでの経験からこのタイプをされている方は些細なことに敏感で、怒りっぽいです(笑)多分、常に頭皮が引っ張られているストレスだろうなぁと感じます💦

繰り返しますが、どれを選んでもメリットとデメリットはあります。その中からご自分に合ったものを選びましょう^^

うちのサロンにもヘアピース(人毛100%)を何種類か置いてありますので、気になる方はお問い合わせください👋カウンセリングとご試着は初回30分無料ですよー!

タイトルとURLをコピーしました